menu

低用量ピルについて知る

青いきれいなカプセル

低用量ピルとは

望まない妊娠を避けるための避妊には、現在様々な方法があります。避妊具であるコンドームを利用することが日本では一般的ですが、海外では多くの避妊方法が実施されています。IUDやIUSといった器具を、女性の子宮内に装着することで妊娠を防ぐ方法や、避妊用ピルを女性が服用することで避妊する方法。その他、避妊用シールを既定の箇所に貼ることで、体内のホルモンの活動に作用して避妊を促すものや、手術をすることで避妊できなくする方法等、いろんな手段があります。海外で実施されている避妊の方法は、女性が主体となって行うものが多いのです。対して日本では、広く普及している方法がコンドームの使用であることから、男性が主体となって行うものが有名です。しかし、実際に妊娠するのは女性である。妊娠によるリスクを受けるのは女性の割合の方が高いと言っても良いでしょう。コンドームを装着するのは男性であるので、確実に避妊が成功しているかどうかは男性による場合が大きいと言っても過言でははずです。リスクを負うのは女性であるのに、その主導権は男性が握っているというのは、少し考えるべきではないでしょうか。双方の理解と合意が必要である避妊に対して、女性が何もできないというのは、不安に思う人も多いはずです。

しかし昨今の日本では、避妊用ピルが広く普及しつつあります。では、避妊用ピルとは、どういうものなのでしょうか。



避妊用ピルの仕組み

避妊用ピルには、女性ホルモンと似た働きをする、人口黄体ホルモンが含有されています。黄体ホルモンは、脳から指令を受けて、子宮内を妊娠しやすいように準備する働きをしています。また、排卵の調整をしているのも黄体ホルモンです。排卵をしたタイミングで精子が子宮内に入ると、着床し、妊娠するといった流れに相成ります。その排卵のタイミングを調整することができるのが、避妊用ピルです。排卵のタイミングを調整することで、いつ排卵が起こるのかを予測することができ、その時期を外して性行為に及ぶことができます。

黄体ホルモンと似た働きをする人工ホルモンを体内に取り入れることにより、体内で十分な量の黄体ホルモンが働いていると脳に錯覚させることができます。脳に錯覚させることで、黄体ホルモンの働きを遅らせて、排卵を防ぐことができます。ピルを服用し続けている間は排卵を抑えることができ、服用を中止している間に排卵が起きるといった仕組みになっています。

避妊用ピルに含まれている人工ホルモンの量はピルによって異なり、日本で主に販売されている避妊用ピルは、低用量ピルです。それよりもさらに含有ホルモン量を少なくした、超低用量ピルを取り扱っているクリニックもあります。

低用量ピルの入手方法

低用量ピルは、日本国内で購入するには、病院やクリニックで医師に処方してもらう必要があります。その他の入手方法としては、通販で購入することもできます。日本では認可が下りている避妊用ピルは数少ないですが、通販では海外で販売されている避妊用ピルも購入することができるので、通販サイトで取り扱われているピルの種類は豊富です。
どちらで購入しても構いませんが、どちらの方法にも、メリットとデメリットがあります。どちらもしっかりと理解したうえで、どこで購入するべきなのか決めると良いでしょう。

避妊用ピルは医薬品であるので、副作用があります。通販で購入する場合、自分でピルを選ぶことができますが、副作用が心配な人は、低用量ピルではなく、超低用量ピルを購入することをおすすめします。低用量ピルでも副作用は少ないと言われていますが、それでも発症しないわけではありません。初めてピルを服用する時に不安であるならば、超低用量ピルの服用から始めると良いでしょう。もしピルの種類を変える時には、元のピルの服用を一定期間休止する必要があるので、できれば継続して同じピルを服用し続けるようにしましょう。

コンテンツ一覧

カラフルなの山 「避妊用の低用量ピルは通販でも購入できる!その方法とは。」のコンテンツ一覧です。 read more »

治療薬としてのピル

避妊用ピルは、月経困難症の治療薬として開発されたものです。低用量ピルも同じ目的で利用することがあります。日本の病院で処方してもらう場合、健康保険が適用されない場合があるので、注意しましょう。

read more »

低用量ピルは通販でも

低用量ピルは病院で処方してもらえるだけではなく、通販で購入することもできます。その場合、海外から輸入して購入するというサービスを利用することになりますが、その際に注意すべき点があります。

read more »