治療薬としてのピル | 避妊用の低用量ピルは通販でも購入できる!その方法とは。
menu

治療薬としてのピル

黄色いカプセルが入っているパッケージ

避妊用ピルは、月経困難症の治療薬として開発されたものです。女性の体に起こる月経は、体内の女性ホルモンの働きで起こるもので、そのホルモンのバランスが崩れると、正しい月経を行うことができなくなります。ホルモンバランスは、栄養の偏りやストレスによって乱れる場合があります。日常生活を送っていくなかで上手くホルモンバランスを調整できない場合に、ピルを服用することで体内のホルモンバランスを安定させて症状を緩和します。月経痛が酷い人も、ピルを服用することで緩和されるので、動けないほどの痛みが毎月起こる女性は、一度産婦人科で診察してもらう必要があるでしょう。

日本の病院やクリニックで処方してもらう場合、治療薬として処方してもらうと健康保険が適用されるのですが、避妊薬として処方してもらう場合は、保険が適用されない場合があります。クリニック等によっては適用される場合もありますが、適用されない場合は全額自己負担となってしまうので、注意しましょう。少し高額になってしまいますが、専門の医師が自分の体に合ったピルを処方してくれるので、安全に服用できます。通販では自分の知識で購入する必要があるので、少し安全性に欠けるところがあります。なので、安全性を考慮したい人は、病院やクリニックで処方してもらうことをおすすめします。